Interviewお客様インタビュー

実際にお会いした会社もいくつかありますが、コンサルタントの提案、制作のクオリティや対応力も、アイウェイヴが抜群によかったので、アイウェイヴさんへホームページ制作をお願いすることに決めました。

実際にお会いした会社もいくつかありますが、コンサルタントの提案、制作のクオリティや対応力も、アイウェイヴが抜群によかったので、アイウェイヴさんへホームページ制作をお願いすることに決めました。 株式会社クラウドテン 様

~アイウェイヴに決めた理由は女性スタッフの「対応力」~


◎事業を始められたきっかけは?

新聞社から独立し色々な事業を進めていた中、親族と管理している一軒家を少し整理する機会があったんです。

空き家のようになった家をどうしてくべきか悩んではいたのですが、単に保有しておくのもリスクですし、管理もかなり大変で、親戚にお願いするにも手間が掛かるものだったので、多くの物を処分することにしました。

ただそこで、やはり「これは捨てられないな」「これだけは取っておきたいな」というものが出てくるんですよね。

レンタルスペースへ預けても、また費用が掛かります。地方の倉庫へ預けることにしたのですが、結局はまた「捨てられない」だけで、使わないものばかり。

物を大事にすることも重要なのですが、「捨てる」「手離す」ということのニーズのほうが大きいのではないかと感じたんです。


日本には昔から”針供養”などの文化があるように、「物にも魂がある」という思いがすごく強いです。捨てるとなると、なかなか思いがあって捨てられない人種だと思います。

約1,100人にアンケートした調査では、20代~70代のほとんどの人が、「思いがあって捨てられないものがある」と回答されました。

たとえば、大切に使っていた「メガネ」「手帳」「アクセサリー」「ぬいぐるみ」「趣味の道具」「子供からもらった作品」など、思いつくものでも沢山ありますね。

日常生活で使った「物」へ感謝の気持ちを込めて、供養という形で手離すことができるように、サービス展開できればと考えたのが、この「みんなのお焚き上げ」事業発足のきっかけです。
◎どのようなサービスですか?

「物に感謝して、きちんと手離す」ということが実現できたらと考え、「お焚き上げ」をテーマにした事業を展開しています。

お焚き上げ自体は、平安時代から続いている文化です。
子供の成長を祈ってや、お祓いをしたり日本人には慣れ親しんだ文化ですが、
従来の宗教的なものとは違い、もっと日常的な視点で、なかなか捨てられないものを対象にしています。

弊社以外にも、「物供養」や「お焚き上げ」を扱っている会社はあるのですが、遺品整理のオプションのような扱いが多く、一般的なサービスとしてはあまり確立されていない状況です。
ニーズは多いのですが、「どうやって依頼すればいいのか」「どんな条件があるのか」が分かりにくかったりして、使いづらいものになってしまっている印象ですね。

弊社のサービスは、「物に感謝して、きちんと手離す」ことを大事にし、ホームページなどでその世界観を伝えることに力を入れたいと思っています。
◎サービスのターゲット層は女性ですか?

事業を始めてから数百セットの依頼をいただきましたが、やはり「お片付け」や「整理」を意識される方が多いからか、女性のお客様が大半でした。
年齢層だと40代~60代の方が多いようですね。

もともとのアンケート調査でも、やはり女性からのニーズが多かったためホームページでは女性目線を大事にアピールしています。
◎アイウェイヴを選ばれたきっかけは?

実はホームページを作ろうとしたとき、依頼先を探すために3か月ほど時間が掛かりました。
以前お願いしていた会社で失敗したポイントも含め、検討事項を精査して、優先順位をつけ、50項目ほどまとめたんです。

判断基準や質問事項を各社に展開して、それを元に回答をもらい評点をつけました。
仲介業者も複数社使いましたよ。

実際にお会いした会社もいくつかありますが、コンサルタントの提案、制作のクオリティや対応力も、アイウェイヴが抜群によかったので、アイウェイヴさんへホームページ制作をお願いすることに決めました。

◎アイウェイヴでホームページ制作をされていかがでしたか?

コンセプトを固めてからキットやツール類を用意したのですが、ホームページのイメージも統一感があって、伝えたい印象がしっかり伝えられていると思います。

制作打ち合わせの後、ディレクターの方がイメージ案を持ってきてくれたのですが、最初から「これでいい、完璧だ」と感じました。
ファーストビューの感覚はとても大事だと思っているので、そのあとはほとんど変えていないんですよ。

神社の写真を使ったり、単に説明をするだけでは、このサービスのイメージを伝えるのは難しい。どう表現したら良いものか、かなり難易度が高く、できるのだろうかと不安だったのですが、このデザイン案をいただいたときに、すごく安心しました。
期待を超えたアイデアをいただけたので、お願いして良かったと感じています。

他のスタッフさんの対応もよかったです。
私からのリクエストが多かったりするときも、制作の方たちは「どんどんお伝えください」と積極的に要望を聞いてくれました。

以前、別の会社にお願いしていたのですが、なかなか要望を聞いてもらえないため、思うようなホームページが完成しなかった経緯があったので、対応の良さは制作会社選びのポイントとして重要視しています。

アイウェイヴさんは細かい色の調整でも、相談しながら、丁寧に作っていただける会社だったので大変助かりましたね。


◎ホームページで力を入れた箇所

まずは依頼の仕方から、お客様の目線で分かりやすく安心できるサービス紹介コンテンツを作りました。

また、お客様にとって特別な思い入れのある大事なものを扱うため、預けたままで
何のフィードバックもない業者とは違うことを伝えています。

たとえば、ホームページのトップページには、「1.きちんと丁寧に行う、2.受け入れるモノを制限しない、3.こまめに行う、4.大量にまとめて行わない、5.完了報告を行う」という約束を明記しています。

他にも、ツールの説明や申し込みの仕方、コラムの更新など情報発信を頻繁に行って、サービスの信頼性と品質の良さを伝える工夫をし続けています。

現在は、テレビで取り上げられることも増え、雑誌の断捨離特集、リサイクル専門誌など多様なメディアから取材していただいています。
ネット検索でもニーズが多いので、サービスの依頼は安定していますが、
色々なカルチャーのメディアで扱われるようになったら、大きくこのサービスが広がっていくと考えられますね。

「みんなのお焚き上げ」のホームページは、販促ツールとしてだけでなく、メディアにも見てもらえるプラットフォームになっています。

この事業が成功したら、この「ホームページの貢献度が高い」とはっきり言えるでしょうね。

みんなのお焚き上げ
https://www.otakiage.com/