女性集客に強いアイウェイヴ

女性向けホームページならアイウェイヴ|aiWAVE(アイウェイヴ)

制作プラン業種別

食品・飲食店

目的

食品メーカー、レストラン、居酒屋、カフェなど各種フード業界向けに、ニーズ調査と企画力で競合との差別化を図り、集客・売上拡大・反響獲得につながるホームページを制作するプランです。

サイト制作例

こんなご相談が多いです

  • ネットで商品販売を始めたい
  • 宅配サービスを始めたい
  • 商品やお店の認知度を高めたい
  • リピートしやすい仕組みを構築したい
  • ライバル店が多く、強みが出せていない
  • 情報発信力のある女性客を増やしたい

アイウェイヴで課題を解決されたお客様の声

食品・飲食店のホームページで重要な7つのポイント

1

誰に届けたいホームページなのかを明確にする

ホームページ制作は、よくお店作りに例えられます。
ホームページを作ろうとしたときに、周囲の状況をあまり調べず他社のデザインをただ真似したり、調査もせずにとりあえず立ち上げてしまったりすると、ほとんどの方が失敗してしまいます。
まずは誰に知ってほしいか、ターゲット像を明確にすることが大切です。
お客様のニーズや、比較されている情報を知るところから、設計をスタートしましょう。

ポイント

ホームページ制作とお店作りは似ています。
お客様とライバルを知り、対策を練りましょう。

パン屋を開くなら?

1、調査する

出店するエリアはどこが良いか
お店の商圏にはどのような客層が多いのか
自分のパンを喜んでくれるお客様層なのか

2、客層を知り対策する

「ファミリー層や会社員が多いので、販売だけでなく、軽いランチがとれるようにイートインがあったほうがいいかもしれない」

3、ライバルを知る①

朝食・ランチの需要で考えると、パン屋以外にも、カフェやデリ、コンビニ、スーパーなどもライバルになるため、これらの店舗が出店候補エリア内にどのくらいあるか調査する

4、ライバルを知る②

近隣で人気のパン屋さんの集客手法などを調べに行く
飲食店がホームページを作るなら?

1、調査する

どんなお客様層に来てほしいか
地域のお客様はどのようなお店に行っているのか
ターゲット層から求められているサービスは何か

2、客層を知り対策する

地域や飲食市場のニーズ調査を実施
「会社員の利用が多いため、待ち時間や空席情報がネットで分かるようにしよう」

3、ライバルを知る①

テレビ、口コミ、ネット情報、SNS、ニュースなど、食に関する情報は多い
駅周辺の店舗、地域のフリーペーパーに載っている店が人気

4、ライバルを知る②

近隣で人気の飲食店のホームページをチェックする

アイウェイヴでは、ターゲットとなる顧客層が何を求めているかが分かる、ニーズ調査を実施しています。
ホームページ制作をご検討中の方はお気軽にご相談ください。

2

トップページでターゲットを惹きつける

インターネット上には競合店がひしめき合っており、比較検討する選択肢が多いため、お客様から選ばれるお店になるにはパッと見た印象で気に入ってもらう必要があります。
ターゲット層のニーズと自社の強みがマッチすれば、反響獲得につながっていきます。
そのためには、「他店との違い」「個性」を打ち出すことが大切です。
トップページにターゲットの目を惹くイメージ写真や、キャッチコピーなど配置して、見せ方を工夫しましょう。

「オーガニックワインと季節の野菜のペアリングをコース料理でご堪能ください」

「幻の赤身。希少な短角牛を手軽に食べられる店」

「職人たちの手仕事が作りだす、美しい一滴。果実採取後2時間で生成する最高級オリーブオイル」

ポイント

商品やサービスのどのような点がお客様に喜ばれているのかを考え、差別化できる要素を見つけましょう。

3

「買いたくなる」「行きたくなる」コンテンツの設置

ホームページ上には、ターゲットに「買いたい」「行きたい」と思わせるコンテンツを設置していきましょう。
ターゲット層のニーズに合わせたサービスメニューを設計することも効果的です。
細かな施策でも少しずつ効果が出てきますので、他社を参考にしながら工夫されることをおすすめします。
アイウェイヴでは、これまで培ってきた経験とノウハウをもとに、ターゲットに響くコンテンツをご提案しています。

事例1古民家カフェ

お客様の課題
  • 窓からの景色とアンティークな家具にこだわりがあるが、認知度が低い

  • 車かバスでしかたどり着けないお店のため、集客が難しい

実施した施策
  • 店内から見える四季折々の景色をトップページに大きく掲載

  • ゆったりくつろげるソファや内装、小物などを撮影し、店内の雰囲気を紹介

  • メニューはこだわりの食材とともに解説

  • 季節限定ジャムを、ギフト需要に合わせてメニュー化

  • あなたに合った(お悩み部位、時間、レベル)プログラムを診断するチャート形式のコンテンツを設置。予約するプログラムを迷わせずに体験申し込みへリード。
効果

大人の隠れ家的スペースとして人気が高まり、TVや雑誌からの取材が絶えない名店に

事例2香辛料の輸入・卸・小売り

お客様の課題
  • 認知度はあるが、商品の売上が伸び悩んでいる

  • 競合が多く、どうしても大手との価格競争になってしまう

  • 良い商品を本当に欲しいと思ってくれるお客様に届けたい

実施した施策
  • カテゴリ検索は、買いたいものが具体的ではないユーザーにとって「どれを選べばいいか分らない」と逆効果だったため週間ランキングを設置。
    分かりやすさに注力し、人気商品から他の商品ページへの遷移も増加させる。

  • あなたに合った(お悩み部位、時間、レベル)プログラムを診断するチャート形式のコンテンツを設置。予約するプログラムを迷わせずに体験申し込みへリード。
効果

リピート客からの注文が増え、売上が前月比170%に!

4

SNSの活用でホームページを拡散させる

ホームページの内容が充実したら、発信した情報が拡散する、される仕組み作りが大切です。
まずはSNSを活用して、「いいね」を獲得しやすい写真や、メディアに拾われやすい情報を投稿することで口コミを増やして集客に結び付けていきましょう。
SNSでは、コメント欄を活用して、まだ見ぬお客様とコミュニケーションをとりながら距離を縮めていくことができます。
投稿には、連絡先情報の掲載はもちろん、ホームページへの誘導も忘れずに行いましょう。

ホームページとSNSを連携させるメリット​​

  • コストをかけずに新規集客ができる
  • ホームページに集客できる​
  • お客様との距離を縮めることができる​
  • リピーターの定着・増加​
  • 相談や問い合わせを増やすことができる​​​
  • サービスやキャンペーンを知ってもらえる​​​
  • ユーザー同士のつながりを利用して、興味あるユーザーを開拓できる​​​​
  • 自社のファンになってもらえる​​​​
  • SNSを通して、リンク元を増やせる=集客につながる​​​​​

食品・飲食店のSNS活用のコツ​​

  • まずはフォロワー数1,000人​を目指す
  • 10km圏内のフォロワーをメインに増やす​​
  • 集客につながる#(ハッシュタグ)を30件入れる​​​
  • 「ココだけの情報」を定期的に配信する​​
  • 季節商材、限定メニュー告知する
  • スタッフからの推しメニューを紹介する
  • キャンペーンやイベント情報を投稿する
  • 売れ筋商品・メニューを教える
  • フォロワーの投稿に、定期的にコメントを入れる​
5

Googleマップにホームページを連携させる

飲食店や食料品店の場合、お客様は近隣からインターネット検索をしているケースが多いため、Googleマップへの掲載は必ず行っておきましょう。
特にスマートフォンでは地図情報が検索結果よりも上部に表示され、視認性が高いのが大きな特徴です。
現在は、グルメ情報サイトや口コミサイトよりも目立つ場所に表示されるため、比較サイトより上にホームページへのリンクを載せ、お客様を効率的に誘導することが可能になりました。

ポイント

Googleマップへは無料で掲載できます。
ホームページや営業時間も掲載できるため、上手く活用できれば強力な集客ツールになります。

Googleマップに設定できる基礎項目

    ・名称 ・ビジネスのジャンル(「ケーキ屋」「ワインバー」など​)・施術プラン・住所、電話番号 ・ホームページへのリンク​ ・営業時間 ・施設の写真​

6

ホームページを優秀なスタッフの獲得に活用する!

飲食業界にとって、お客様と同等に大切なのは一緒に働く人材ですよね。
せっかくスタッフを採用してもすぐに辞めてしまったり、なかなか欲しいと思う人材に出会えなかったりと、採用面での課題を抱えていらっしゃるオーナー様は少なくありません。
ホームページ上で店舗の魅力を伝えることに加え、スタッフの働く姿やお店の雰囲気を伝えていくことは、相性の良い人材を募ることにもつながります。
人材獲得の目線からも愛されるホームページを設計しましょう。

7

定期的な効果測定で効果アップ

ホームページは公開してからが本番です。
定期的に見直し・改善することでようやく、ホームページの効果が向上していきます。
「店舗集客に役立っているか」「どのようなユーザーがホームページを見ているか」「商品の認知度アップができているか」など、ホームページの効果測定で多くのことが発見できます。
せっかくホームページを制作するのであれば、公開後の効果測定をもとに改善を繰り返し、売上・反響拡大へつなげていきましょう。

ポイント

商品名や店舗名でインターネット検索をした際、どのような結果が表示されるかといった定点チェックも欠かさないようにしてください。
思わぬ風評被害やライバルの登場で、お客様を逃してしまわないように対策していきましょう。

アイウェイヴでは、定期的な効果測定などを行う「運用サポートサービス」も提供しています。
運用アドバイザーの役割はこちらからご確認いただけます。

食品・飲食店のホームページで
重要な7つのポイントチェックシート

  • ターゲット層を具体的にイメージできているか
  • 自社の強みや魅力がひと目でターゲットに伝わるか
  • ターゲットに響くコンテンツはあるか
  • SNSでホームページを拡散できているか
  • Googleマップ対策はできているか
  • 人材獲得にも役立てているか
  • 定期的な効果測定を行っているか

アイウェイヴに
依頼するメリット

  • 食品・飲食業の制作実績数は業界トップクラス
  • 豊富な成功事例に基づいたご提案が可能
  • 生活者目線でのニーズ調査が得意
  • 定期的なカウンセリングで、アクセス解析結果や改善策をご提示
  • 初期費用0円~の分割払いで導入しやすい

他の業種別で調べる

CONTACT

お見積もり・ご相談・お問い合わせ

女性向け販売促進・集客なら、
アイウェイヴにおまかせください。
女性Webコンサルタントより折り返しご連絡させていただきます。

女性Webコンサルタントよりご連絡させていただきます。
お気軽にご連絡をお待ちしております!

電話番号 無料相談・資料請求
電話番号

0120-935-225

平日9:00〜18:00

ご相談・資料請求

ご相談・資料請求