女性集客に強いアイウェイヴ

女性向けホームページならアイウェイヴ|aiWAVE(アイウェイヴ)

制作プラン業種別

福祉・介護

目的

福祉・介護施設、特別養護老人ホーム、デイサービスなどの福祉・介護業界へ向け、利用者やその家族の価値観に沿ったコンテンツを設計し、利用者の増加から人材の獲得までを実現するホームページ制作プランです。

サイト制作例

こんなご相談が多いです

  • ケアマネや家族に対して安心してもらえるツールとしたい
  • 事務的なことはホームページで完結できるようにして、業務の効率化を図りたい
  • スタッフが定着しない。せっかく採用しても、辞めてしまう
  • 入居者を募集したいが集客できない

アイウェイヴで課題を解決されたお客様の声

福祉・介護のホームページで重要な6つのポイント

1

サービスの利用を検討する方の価値観を知る

福祉・介護施設に求められるのは「信頼性」や「安心感」です。
サービス利用者の募集においても人材採用においても、どのようにして信頼性や安心感を伝えていくかが重要になってきます。
実際にサービスを利用する方やその家族、ケアマネなどが何を求めているかを知り、それぞれの要望に合わせた施設の魅力を訴求していきましょう。

ホームページの目的は何か 誰に伝えたいのか 施設の強みは何か
ケアサービスの申し込みを増やす 忙しく働く利用者の家族 ケアスタッフの丁寧な対応
利用者満足度の高さ
特別養護老人ホームの入居者募集 安心して入居できる施設を探す利用者 地域に根差した施設運営
閑静で過ごしやすい立地
人材不足の解消・スタッフの獲得 安心して任せられる経験豊富な人材 長く働いているスタッフが多い
キャリアプランが明確

アイウェイヴでは、ターゲットが何を求めているかが分かる、ニーズ調査を実施しています。
Webコンサルタントの役割についてはこちらからご確認いただけます。

2

ひと目で分かる訴求ポイントをトップページに掲載する

ホームページを訪れた人にどのような魅力を伝えたいかが決まったら、トップページにそのポイントを掲載しましょう。
この際、「信頼性」と「安心感」も同時に訴求することが大切です。
アイウェイヴでは訴求内容に合わせて、ユーザーに伝わりやすい手段をご提案しています。

トップページでの訴求方法
●キャッチコピー

ひと言で強みが伝わるキャッチコピーを掲載しましょう。
来訪者に「信頼性」「安心感」を伝えることを忘れずに。

  • 特別養護老人ホーム・・「自分らしく、心豊かに暮らすための場所」
  • デイサービス・・「手のぬくもりを、大切にしています。ひとりで悩まずご相談ください」
  • ショートステイ・・「手が足りない時、私たちを頼ってください」

トップページの訴求ポイント例
●スタッフの人柄

安心感を伝えるためには、働くスタッフの顔や、快適に過ごす利用者の写真を掲載してください。
福祉・介護施設のサービスは、人と人とのコミュニケーションによって成り立つため、スタッフの紹介コーナーも有効です。

●駅からのアクセス方法

最寄り駅の写真や、簡略化したアクセスマップを掲載し、通いやすさを訴求しましょう。

●施設の立地や雰囲気

施設の外観や、雰囲気が伝わる写真を使用しましょう。閑静な立地であることや、自然に近いなど、快適さが伝わるとなお良いでしょう。

●歴史や実績

地元で長年愛されてきた歴史、利用者数、実績、沿革を掲載し、信頼のできる施設であることを伝えましょう。

アイウェイヴでは、専門のWebライターがキャッチコピーのご提案もしています。
Webライターの役割についてはこちらからご確認いただけます。

ひと目で分かる訴求ポイントをトップページに掲載する
3

見学してみたいと思ってもらえる仕掛けづくりを!

新規利用者の獲得には、実際に施設の様子を見ることができる見学会や個別相談会への参加を募ることも大切ですね。
忙しい方に向けては、先に資料請求をしてもらい資料の中で見学会への参加を募ることも有効です。

ポイント

スタッフの業務効率を上げるためにも、ご利用者やご家族からの“よくある質問”は必ず整理して、分かりやすく掲載しましょう。
聞きたいことがしっかり書かれているホームページは、利用者にも好感を持ってもらえます。

事例特別養護老人ホーム

お客様の課題
  • 1

    特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービスなど、施設ごとに提供サービスが異なり分かりにくい

  • 2

    家族の方へ心の通った介護、雰囲気、安心を訴求したい

実施した施策
  • 各施設の一覧とサービスをアイコン化してトップページに掲載。 1

    各施設の一覧とサービスをアイコン化してトップページに掲載。

  • 施設での過ごし方を撮影させてさせていただき、動画コンテンツとして設置。 2

    施設での過ごし方を撮影させてさせていただき、動画コンテンツとして設置。

4

使いやすさ(ユーザビリティ)を重視した設計に

施設への入居やサービスの利用を検討しているユーザー層は、若い世代よりも中高年層であることが多いため、ホームページの使いやすさへの配慮も大切です。
また、ユーザーを調査したところ、パソコンよりもスマートフォンでインターネット検索をすることが分かっています。
比較検討をしているユーザーにとって、分かりやすく使いやすいホームページの設計を心掛けましょう。

福祉・介護業界のホームページ向け ユーザビリティチェック
  • 文字のサイズを変えられるようにする
  • 余白を作り、読みやすくする
  • スマートフォンページは直観で操作できるようにする
  • 写真やイラストを多用し、文章を読まなくても中身が伝わりやすいデザインにする
  • プランやメニューは料金とあわせて、分かりやすく掲載する
  • 保険は適用されるかなど、説明が必要な内容は問い合わせにつなぐ仕組みに
  • どのページからもお問い合わせができるよう、目立つ箇所に問い合わせボタンを設置したり電話番号を掲載したりする
5

ホームページは求人にも有効

福祉・介護業界は、その需要に反して人材不足が深刻になってきています。
また、人材を採用してもスタッフの定着率が低く、他業種と比べて特に採用が難しい業界とされています。
ホームページ上でスタッフの働く姿や、現場の雰囲気を伝えていくことは、求職者を募ることにもつながりますので、人材獲得の目線からもホームページを設計しましょう。

事例障害者総合支援サービス

お客様の課題
  • 1

    人材確保を強化したい

  • 2

    待遇は良い方なので、それを分かりやすく伝えたい

スタッフへのアンケート調査を実施

もちろん仕事の厳しさはあるが、やりがい、スタッフ同士の雰囲気の良さから長期就労者が多い。
待遇面では、キャリアアップ制度が魅力だと答えたスタッフが過半数を占めた。

実施した施策
  • どんな環境で、どんなやりがいがあるのかを掘り下げた先輩インタビューページの新設。 1

    どんな環境で、どんなやりがいがあるのかを掘り下げた先輩インタビューページの新設。

  • 具体的なキャリアアップ制度を図解化。 2

    具体的なキャリアアップ制度を図解化。

ポイント

欲しい人材に近いロールモデルを決め、そのスタッフが活躍するシーンやインタビュー記事を掲載すると効果的です。
キャリアプランをイメージしやすくなり、応募につながります。

6

アクセス解析を活用して定期的にホームページをグレードアップ!

ホームページは作ってからが本番です。
定期的に見直し・改善することでようやく、ホームページの効果が向上していきます。
「ターゲットが知りたい情報は何か」「どのようなユーザーがホームページを見ているか」「理念やメッセージは伝わっているか」など、ホームページの効果測定で多くのことが発見できます。
ただ、福祉・介護業界では、通常の業務とホームページの担当を兼任されている方が多く、常に多忙であることが現状かと思います。
「ホームページの運用までなかなか手が回らない」というお悩みも多く寄せられているため、ホームページを効果的に活用していくにあたっては、公開後の運用も任せられるパートナーがいると良いでしょう。

定期的な効果測定について、アイウェイヴではホームページ公開後の「運用サポートサービス」もご用意しております。

福祉・介護のホームページで
重要な6つのポイントチェックシート

  • サービスの利用を検討する方が求めていることを理解できているか
  • 伝えたいことが、ひと目で訴求できているか
  • 見学してみたいと思えるか
  • 使い勝手は良いか
  • 求職者に響くコンテンツがあるか
  • 定期的な効果測定ができているか

アイウェイヴに
依頼するメリット

  • 福祉・介護業界のホームページの制作実績が業界トップクラス
  • 女性や生活者の目線で訴求できる
  • 集客に強いホームページ制作のノウハウがある
  • 公開後の運⽤アドバイスがあるから安⼼
  • 初期費用0円~の分割払いで導入しやすい

他の業種別で調べる

CONTACT

お見積もり・ご相談・お問い合わせ

女性向け販売促進・集客なら、
アイウェイヴにおまかせください。
女性Webコンサルタントより折り返しご連絡させていただきます。

女性Webコンサルタントよりご連絡させていただきます。
お気軽にご連絡をお待ちしております!

電話番号 無料相談・資料請求
電話番号

0120-935-225

平日9:00〜18:00

ご相談・資料請求

ご相談・資料請求